toplogo.png

福岡県ラグビーフットボール協会

     
-第18回九州10人制大会福岡県予選-
1~6位決定リーグ戦Report

20161218hstens0006.JPG合同Avs八幡高校
20161218hstens0028.JPG柏陵高校vs合同B
20161218hstens0037.JPG柏陵高校vs合同B
20161218hstens0052.JPG合同Bvs柏陵高校
20161218hstens0080.JPG九州産業高校vs香椎工業高校

風もなく穏やかに晴れ渡った絶好のラグビー日和の元、八幡西区の東筑高校で、高校10人制大会2日目が開催され、予選リーグでの上位6チームが、九州大会への出場権を獲得すべくしのぎを削った。
10分ハーフの試合は、予選リーグでの1位が別ブロックの2位と戦う形で行われ、柏陵高校と八幡高校が、ともに抜きんでた力を見せつけて他校を圧倒、優勝、準優勝となった。
個々の力を軸に、FW、BK一体となった攻撃でトライを積み重ねた柏陵の主将は
「九州大会に出ることができてうれしいです。
少ない人数ですがこの大会のために練習してきました。
実って良かったです。
高校になってラグビーを始めた部員ばかりですが、良くここまでこれたと思っています。
これからも部員を増やしていって15人制も視野に入れてがんばって行きたいです。
九州大会でも優勝を目指します」
と語った。
スキのないディフェンスを軸に、惜しくも6点の得失点差で2位通過となった八幡高校のキャプテンは
「組織プレイを合言葉に練習してきて、全試合無得点に抑えられたので、誇っていいと思います。
今大会は2位でしたが、九州では絶対に優勝したいです。
もう一度チームワークを上げていきます。
春には新入生も入ってくる予定なので、15人制に出てCシードを獲得して、Bシードチームの打倒を目指します。
がんばります」
と述べた。
1位の柏陵高校、2位の八幡高校と、3位となった合同Aの3チームは、3月に宮崎で開催される九州大会への推薦出場がほぼ確定している。

20161218hstens0091.JPG香椎工業vs九州産業高校
20161218hstens0121.JPG八幡高校vs合同B
20161218hstens0136.JPG八幡高校vs合同B
20161218hstens0143.JPG八幡高校vs合同B
20161218hstens0171.JPG柏陵高校vs九州産業高校
20161218hstens0182.JPG1位の柏陵高校
20161218hstens0186.JPG2位の八幡高校