toplogo.png

福岡県ラグビーフットボール協会


平成29年度 第35回福岡県中学生新人大会

-決勝戦Report-


Aパート

かしいヤングラガーズ 〇 19-17 ● 筑紫丘ラグビークラブジュニアスクール

灰色の雲の合間に、時折薄日が顔を出す冬空の元、やや冷たい微風が吹く、博多の森陸上競技場のサブグラウンドで、中学生の新人大会最終日が開催され、A,Bパートそれぞれの決勝戦が行われた。

Aパートは、リーグ戦から決勝までほぼ危なげなく勝ち上がってきた「かしいヤングラガーズ」と、準決勝で「草ヶ江ヤングラガーズ」と大接戦を繰り広げて、わずかに1点差で試合を制した「筑紫丘ラグビークラブジュニアスクール」とが対戦した。
試合は、前半、「筑紫丘」が試合巧者ぶりを発揮、一瞬のスキをついて走り抜けるスキルの高さから2トライを上げ、優位にゲームを進めた。
後半に入って「かしい」も本来の力を発揮し始め、立て続けに2本インゴールを陥れ同点に追いつくが、「ガオカ」も再びトライをあげ17対12と突き放し、手に汗握る展開が続く。
激しいタックル、高いラインアウト、スッと伸びるロングパスなどなど、中学生の新人戦とは思えないハイレベルな戦いが繰り広げられ、そろそろノーサイドの笛が気になる時間帯となり、このまま「ガオカ」の逃げ切りかと思われたが、「かしい」がBKの鋭いアタックを起点に敵陣ゴール前へ迫り、FWがラックを連取した後インゴールにボールをねじ込み同点。
コンバージョンを良く決め2点差の逆転となったところで、レフの長い笛が鳴り響き、「かしい」が歓喜の瞬間を迎えた。
試合後、「かしい」の大内田主将は
「接戦だったので、ドキドキしながら戦っていました。
優勝できてとてもうれしいです。
ガオカも強かったです。
FWにもBKにも強くていい選手がいっぱいいるので、一体となったラグビーをしていこうと思っています。
目標は全国制覇です。
たくさんの人たちに支えられてきたので、しっかりと応えていきたいです。
がんばります」
と力強く語った。

20171126juniorfinal069.JPG
20171126juniorfinal150.JPG
20171126juniorfinal155.JPG
20171126juniorfinal163.JPG
20171126juniorfinal187.JPG
20171126juniorfinal199.JPG
20171126juniorfinal275.JPG
20171126juniorfinal283.JPG
20171126juniorfinal286.JPG
20171126juniorfinal292.JPG


Bパート

百道中学校 〇 31-29 ● 城南中学校

Bパートは、クラブチームが混じった予選リーグを制した「城南中学校」と「百道中学校」の部活チーム同士の対戦となった。
試合は、個々のスキルレベルでやや上回った感のある「城南中」に対し、運動量とスピードに勝る「百道中」が互いにボールを良く動かし、とってとられての大激戦を繰り広げ、こちらも終了間際にトライを上げた「百道中」がわずかにゴールの2点差で混戦を制した。
百道中の川島主将は
「優勝できてうれしいです。
城南中の連覇を阻止して歴史を変えることができて良かったです。
FWは縦の強化とBKは外で走り切れる練習をしてきて、実践できたと思います。
これから全チームが僕たちを目標にしてくるので、しっかりと戦って、全部倒していきます。
目標は全国制覇です。
まずは中学校の新人大会で優勝します。
がんばります」
と力強く述べた。

20171126juniorfinal304.JPG
20171126juniorfinal308.JPG
20171126juniorfinal349.JPG
20171126juniorfinal367.JPG
20171126juniorfinal398.JPG
20171126juniorfinal424.JPG
20171126juniorfinal428.JPG
20171126juniorfinal457.JPG
20171126juniorfinal489.JPG
20171126juniorfinal493.JPG