toplogo.png

福岡県ラグビーフットボール協会


-平成29年度第39回福岡県中学校ラグビーフットボール大会-

決勝

score.jpg

20170702juniorclubfinl257.JPG


 激闘を制して「つくし」が優勝

朝から気温も湿度もぐんぐんと上がり、蒸し暑さが増していく博多の森補助競技場で開催された、今年度の中学校県大会の決勝は、昨年の新人戦を制した「筑紫丘RCジュニアスクール」と、わずかの差で涙をのんだ「つくしヤングラガーズ」の再戦となり、むずかしいコンバージョンを良く決めていた「つくし」が、ノーサイド寸前の「筑紫丘」の強烈なFWラッシュをしのぎ、12対10とわずか2点差で栄冠を手中にした。
試合後、「つくし」の主将は
「新人戦で負けていたので、勝つことができてとてもうれしいです。
全員が、しっかり平日の自主練習を積んで、ラグビーノートを毎日書いて、土日の練習に集中できるように、一生懸命取り組んできました。
その結果が出たと思っています。
準決勝ではディフェンスの甘さが出ていたので、立て直そうとみんなで話し合いました。
「が丘」も強かったですが、みんな良くタックルを決めてくれました。
九州大会では福岡の代表として、力いっぱい戦ってきます。
全国大会に必ず出て優勝を狙います」
と、固い決意を語った。

優勝の「つくしヤングラガーズ」と準優勝の「筑紫丘RCジュニアスクール」は、8月の4日から3日間にわたって、大分の鯛生スポーツセンターで開催される、第39回新島杯九州ジュニアラグビー大会に出場する。



20170702juniorclubfinl021.JPG
20170702juniorclubfinl024.JPG
20170702juniorclubfinl031.JPG
20170702juniorclubfinl047.JPG
20170702juniorclubfinl072.JPG
20170702juniorclubfinl078.JPG
20170702juniorclubfinl092.JPG
20170702juniorclubfinl102.JPG
20170702juniorclubfinl124.JPG
20170702juniorclubfinl153.JPG
20170702juniorclubfinl221.JPG
20170702juniorclubfinl236.JPG
20170702juniorclubfinl243.JPG
20170702juniorclubfinl247.JPG
20170702juniorclubfinl253.JPG