toplogo.png

福岡県ラグビーフットボール協会


-2017福岡県レフェリー研修会-

最終日Report

20170813ref071.JPG

毎年、福岡県内のレフェリーのレベルアップを目標に、レフェリー研修会が開催されており、本年は、8月の11日から3日間、浮羽究真館高校のラグビーグラウンドで行われ、のべ30名を超えるレフの皆さんが参加し、レベルアップを目指した。

最終日の13日は、お盆の入り日ではあったが、6名の参加があり、一時ほどではないにしろまだまだ暑い中、真剣に研修に励んだ。

まずは、地元の高校生数チームと、台湾から遠征してきている淡江高校の部員たちが、FWはスクラム、BKはキック処理の練習に取り組んでいるところへ実際に関与し、安全な組み方や、キックカウンター時の立ち位置や追い方等を確認した。

また、淡江高校と合同チームによるアタックディフェンスでは、実際のゲームと同じ形で参加し、ゲームをコントロールした。

研修後参加者は
「実際に自分の笛を、上級の方たちから客観的に見てもらえる機会はあまりないので、とってもありがたいです。
立ち位置や、コース取り、毎年変わっていくルールなど、大変な部分もありますが、細かく指導していただいて勉強になりました。
今回の研修を今後に生かしていきたいです。
少しでもいい笛が吹けるよう、頑張っていきたいです」
などと、口々に述べた。

暑い時間帯を避けた午後にも合同練習会と研修会は行われ、高校生、レフェリー、指導陣ともに熱心にボールを追って、終了となった。




20170813ref005.JPG
20170813ref008.JPG
20170813ref017.JPG
20170813ref026.JPG
20170813ref048.JPG