Aリーグはシザースが制覇 
 
 
10月20日、曇り日和ながら空は高く、雨の気配はほぼ感じられない筑豊緑地公園で、今年度の福岡県クラブAリーグ最終節が開催され、ここまで初戦の西銀戦でやや苦戦したほかは圧倒的な攻撃力で勝ち進んできた「シザースクラブ」と、昨年の覇者ながらメンバーの都合で勝ち星を重ねられなかった「名島ブルズ」の対戦となり、「シザースクラブ」が77対14で勝利、4戦全勝で栄冠を手中にした。
2年ぶりの優勝を目指す「シザース」はキックオフ早々からエンジン全開、次々とインゴールを陥れ、13トライの猛攻を上げ、「ブルズ」の反撃を2つのトライに押さえて圧勝、歓喜の瞬間を迎えた。
試合後「シザース」の山下キャプテンは
「優勝できてとてもうれしいです。
今年はまずは部員の確保を第一に掲げてきていて、うまくリクルートできたと思います。
部員みんなの努力が結集できて、優秀なメンバーが入部してくれました。
新人の部員も含めた全員で、しっかりと充実した練習ができていて、その成果が表れたと思います。
これからもっとチーム力を上げていって、必ず 九州トップクラブに入ります。
がんばります」
と力強く語った。
 
「シザースクラブ」は11月の15日から宮崎で開催される第45回全九州クラブ・実業団大会に出場し、九州トップクラブ入りを目指す。