-決勝戦Report-
 
 
危なげなく勝ち上がり栄冠を手中にした東福岡「永住主将」談話
「点差が開いての優勝でしたが、前半の簡単なミスもあったりで、満足できる結果だとは思っていません。
まだまだチームがひとつになっていないと思っています。
この大会に向かって、とにかくブレイクダウンでの強さにこだわって、タテの強さを前面に出したチームにしたいと思って練習してきました。
ドライブモールでトライが獲れたり、少しはできたとは思いますが、まだまだです。
これから激しく練習して、九州大会と選抜大会で優勝を目指します。
アタックだけではなく、ディフェンスの精度が高いチームになっていきたいとも思っています。
花園制覇目指して頑張っていきます」
 
 
 
 
 

-3位決定戦Report-